スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数をきちんと数えられる犬飼さん

99連続優勝したクロッカスだね?
クロッカスとスポット
各大会のチャンピオンシップで連続優勝をしていると、
散歩中に出会う犬飼さんが、
「○○回連続優勝した たんぽぽだね?」
などと声をかけてくれますが、彼はどこか抜けているので、
実際の連覇数より 1回少ない数を言う、
というのは、多くの飼主さんに覚えがあると思います。
だから、チャンピオンシップで99連覇しても、
「99回連続優勝した」
とは言って貰えないのが普通。
なのですが。
クロッカスの町の犬飼さん(Archie)だけは、
なぜか正しい回数を覚えてくれているのでした。
なんでだろう?
欧州版はみんなそうなのかな?

Leave a comment

Private :

Comments

「連続」の捉え方次第
犬飼さんを援護する気は更々ないですが…(笑)
極端な話「1回連続優勝した」と聞いて、1勝目というには私は違和感があります。この違和感をずっと引きずるならば、99勝達成しても、連勝記録としては1少ない98が妥当な気がするんですよねぇ。
もし読点が入って「99回、連続優勝した」だったら、みらいさんの解釈も一理あるかと。写真の欧州版には、この「連続」に該当する単語が使われていないようですし、 「time」を単に「回数」と訳せば、これはこれで正しいんじゃないでしょうか。

29日の宣伝有難うございました。
みらいさんが行けないぶんも頑張ってきます!
Posted at 2007.12.26 (22:14) by GSにし (URL) | [編集]
> GSにしさん
うー、後出し的で申し訳ないのですが。
北米版では、欧州版英文と全く同じ文章なんですが、
やっぱり 1回少ない数を言うんです。

日本版のみを遊んでいたときは、私も辻褄を合わせるために、
GSにしさんと同じ解釈をしていました。
この数え方って、優勝を木に例えるならば、
木が直線状に並んでいる状態で、
「木の本数を数える」 か 「木と木の間の数を数える」 かですよね。
『1回連続優勝』 についてだけは、
確かに木と木の間の数を数えてもいいと思うんですが、
(でもわかりにくいので木の本数を数えるのがベターとは思う)
3連覇を超えたら木そのものの本数を数えるのが普通で、
木と木の間の数を数え続けるのは不自然だなーと
長いこと私は思ってました。

って言うか、「○○回連続優勝」 じゃなくて
「○○連覇」 って言ってくれれば明快だったのにー!
字面が難しいからか!? 鈴木さんは言ってくれるのに。

で、ここに来て北米版と欧州版の、
「同じ文章なのに数が違う」 という状況に直面して、
やっぱりキャラ的に犬飼さんが数え間違えていた、
というのが正解だったのかなぁと思い直したというわけです。
(欧州版は犬飼さんからうっかりさんキャラを奪った)

あるいは、北米版のローカライズのときに、
数字のみを見て意味を間違えて翻訳していたのを、
欧州版で修正して来た、という可能性もあるかもですね。
欧州版は、ドイツ語が変態的な細かさ (笑/一応褒め言葉です)
を発揮しているので。
真相は任天堂の人のみぞ知る?
(任天堂の人も知らないような気がしないでもないです)
Posted at 2007.12.27 (00:00) by みらい (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
twitter
プロフィール

みらい

Author:みらい
【ひとりごと】
ニンテンドッグスのテーマ、
Wi-Fi配信中です。

我が家のnintendogsたちの
紹介はコチラをご覧ください。

大合奏!バンドブラザーズDXの
投稿履歴一覧はコチラを。

カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。