スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nintendogs + cats

任天堂 E3 2010情報 (nintendogs + cats)
http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2010/3ds/nintendogs.html

ニンテンドー3DS用ソフトとして、
nintendogs + catsが発表されましたね。
3Dスクリーンによる立体視、描画質感の向上、
内カメラの顔認識によって子犬が飼主を見て反応する、
3DS本体のサポートで通信機能の強化などなど。

Nintendo 3DS in-depth preview: it works!
http://www.engadget.com/2010/06/15/nintendo-3ds-in-depth-preview-it-works/

上のリンク先に、E3での nintendogs + catsデモの動画があるのですが。
上画面と下画面を子犬が行ったり来たりはしていません。
3Dスクリーンとタッチスクリーンの描画性能が違いすぎて、
行き来させると違和感が凄まじいから割り切ったのかな……。
「上画面にいる子犬のシルエット」が下画面に表示され、
それを撫でる、というスタイルのようです。今のところ。
これに気づいたとき、正直に言うとちょっと動揺しました……。
上画面にしか子犬がいられないかわりに、
アクセサリーは複数装着が可能になってるようですね。

新しい楽しみが、私の不安を取り去ってくれることを願うばかりです。

Leave a comment

Private :

Comments

実際に触ってみないと何とも言えない部分があるとは思いますが、
下画面で直に触れるダイレクト感が失われたぶん、そのような不安を
気にしないくらいの驚きと新しい楽しさを待ち望もうと思いますね。
Posted at 2010.06.17 (06:48) by hiro (URL) | [編集]
> hiroさん
ですね。実際にE3で触っている人たちの反応は上々のようなので、
その点をカバーするに充分な魅力があると期待します!
Posted at 2010.06.17 (20:23) by みらい (URL) | [編集]
う~む。
「子犬をなでる」と「子犬のシルエットをなでる」では、ゲーム性が変わってきますね。
ネコに芸を覚えさせるわけにはいかないだろうし、そういうとこも含めて前作とは全く違う新しい楽しみ方を提示してくれると期待します。
まぁ元々3DSはスルー予定だったけど、これが出るなら買わざるをえないなと思いました(^^;
Posted at 2010.06.17 (21:12) by とらとら (URL) | [編集]
> とらとらさん
まだほんの一部しか情報が出ていないというのに、
いろいろな要素があって、想像が追いつかないです!
3DSが潤沢に供給されるかが心配ですね~。
Posted at 2010.06.18 (22:10) by みらい (URL) | [編集]
うむむ~。
nintendogsは3DSと同時発売ではないのかなぁ。
今のところ3DSの他のソフトに興味はないので、ズレてくれたほうが本体ごと買い易いですが・・・でもはよやりたい(^^;
Posted at 2010.09.29 (22:16) by とらとら (URL) | [編集]
> とらとらさん
暦の上では一応2月26日も春なんでしょうけど、
春って言うと3月~4月ってイメージが強いですよね。
今回の任天堂のカンファレンスで社長は
他のソフトメーカーに相当配慮と言うか遠慮している風だったので、
日本でもそこそこ訴求力のあるnintendogsは他社を食わないように
少しずらして発売するのかな~って感じがします。
でも早く触りたいですよね!
Posted at 2010.09.30 (15:48) by みらい (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
twitter
プロフィール

みらい

Author:みらい
【ひとりごと】
ニンテンドッグスのテーマ、
Wi-Fi配信中です。

我が家のnintendogsたちの
紹介はコチラをご覧ください。

大合奏!バンドブラザーズDXの
投稿履歴一覧はコチラを。

カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。